2015年03月02日

マレー半島を鉄道で:準備編1(妄想編)

150302_map.jpg

マレー半島を鉄道で縦走してみたい。
独身時代にマレー半島とシベリア鉄道に乗ってみたいと思ってた。
息子たちがイイ感じに鉄ヲタになってきたので、今年の春休みに
マレー半島へ行ってみることにした。

学校の休みから、日程は3/31〜4/6に限られる。
シンガポールは4/3〜6まで三連休なので、シンガポールの友人宅に
泊めてもらい一緒に遊ぶ。そうすると、旅の前半にマレー半島縦断
とスケジュール的にほぼ確定。

調べてみると、タイのバンコクからシンガポールはオール鉄路で2泊3日。
4/3からの三連休をフルにSINで過ごすなら4/2には到着したい。

結果、以下の超過酷なスケジュールとなる。まじか?
3/30夜便に乗る
3/31早朝にBKK入り
3/31午後の夜行列車に乗る BKK→Hat Yai (Thai) または Butterworth (Malaysia)
4/1 Hat YaiまたはButterworthで9時間後の夜行列車に乗る Hat Yai/Butterworth → K.L.
4/2 夜行列車は朝6時着、朝8時発の特急に乗ると午後3時位にSINのWoodlandsに到着。 K.L. → WoodLands

要は夜行便の飛行機で朝5時にBKK入りして、午後2時まで時間つぶしをして、
夜行列車2連続+9時間の昼特急という荒業なのだ。

可能ならば、Butterworthからペナン島に渡って2泊くらいしたいところだが、
そんな時間はないのダ。


問題は、タイ→マレーシアの国境超えの鉄道チケット。
この間は、タイ鉄道とマレーシア鉄道が1本づつ運行するらしいが、どちらも
2両編成に切り離して運行するために、予約が難しいらしい。

ちなみにタイ鉄道の予約開始日は60日前、マレーシアは30日前。
タイは予約開始してから1ヶ月が経ったが、マレーシアはまだ予約開始前だ。

しかし、マレーシア鉄道で国境超えする場合は、タイ南部のHat Yaiで
朝7時〜午後16時まで時間つぶしする必要がある。朝早くはツライ。
タイ鉄道で国境超えする場合は、マレーシア北部のButterworthで
午後13時〜夜22時まで時間つぶしする必要があるが、フェリーで渡れば
ペナン島があり、こっちは楽しく時間つぶしできそうだ。

ということで、なるべくタイ国鉄で国境超えしようと思う。



以上、妄想終わり。



参考にしたサイト: http://www.big.or.jp/~aochan/travel/ktmtrain/malayrail.html




posted by kuny at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel