2015年03月11日

マレー半島を鉄道で:準備編8(アマチュア無線アイボール編)

タイ友人へ切符の実物あるから、VISA要らんので保証人とか必要ないと連絡。

タイのアマチュア無線界でKH0UAとかAH0BTとか有名なので、ぜひ一緒に昼飯
食いたい。という人が多い。モチ、タイ料理だぜ!よいか?
とのことで、勿論!よろしく!と答える。

ついでにFacebookでリンクしてもらう。

すると、タイ無線家からはハジャイで降りないのか?とか、
マレーシア無線家からはKLに泊まるのは何日だ?とか、
ランカウイには行かないのか?とか5人からメッセージをもらう。
彼らとは何回も交信したことあるが会ったことはないのは無線的には
お約束なパターンだ。


いやー、ごめん。
KLは乗り継ぎで2時間ちょいしかいないんだよ。

そうかー、では早食い朝飯大会でもやるべ。
列車が遅れなければいいよね。。。


Butterworthで9時間あるけど、ペナン島あたりに誰かいないの?
・・・誰もいない(苦笑)


俺は国境近くのArauという町に住んでるけど途中下車しないか?
俺んちのタワー登って昼飯食って、ペナンまで高速かっ飛ばして
送ってやるよ。たぶん2時間くらいだぜ。


そんな感じにやり取りが続く。
マレーシアでもアマチュア無線家に迎撃してもらおうと思う。
ちょっとプラン変更してみるかな。

面白くなってきたぞ。
posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel