2015年09月18日

ポチった…

150918wiggle.jpg

手組ホイール。
最近では完組がコスパよく、手組は道楽だと言われている。

確かに値上げ前のRS-21は15000円もしなかった。
似たような性能を出すには部品代で15000円くらいするので
確かに手組で対抗するにはツライ。

でも部品代3〜4万も出せば、アルミリム高30mmで1600gを切る重さの
ホイールが組める。6〜7万でカーボンホイールが組める(中華リムだけど)。
これらはスポークアレンジ次第で乗り心地良くもできるし、ある程度ならば
走る…(平地で50km/hまで加速とか)と思っている。

でもよく考えたら、これは「思っている」だけで、比較対象がない。

ということで、「比較対象」としてポチってみました。


海外通販で4万程度で買うことができる、アルミ25mmくらいのクリンチャ。
重量1600gくらい。手組よりはシャキシャキ走るんではないか?と想像。


以下、参考文献。
-----
アルミリム高30mmで組んだ例。
リム: KINLIN 前XR300(20H)/後XR300(24H)
ハブ: NOVATECH 前A291SB-SL(20H)/後F482SB-SL(32H)
スポーク: PILLER PSR X-TRA1422黒
ニップル:Sapim SLIS アルミ14mm
スポークアレンジ:前ラジアル、後DS 3x/NDS 1x
テンション:前120kg、後DS115kg/NDS120kg
重量: 前655g/後833g、前後1488g
価格: 38000円+労力

150918a_xr300f.JPG
フロント

150918b_xr300r.JPG
リア


-----
カーボン38mm/60mmで組んだ例。
リム: 前38mm(20H)/後60mm(24H) ←中国出張時に工場に直接買いに行

った。
   高知のType Aと同じ?
ハブ:前NOVATECH A291SB-SL(20H)/後FH-5700(32H)
スポーク:Sapim CX-RAY黒
ニップル:Sapim SLIS アルミ14mm
スポークアレンジ: 前ラジアル、後DS 2x/NDS ラジアル
スポークテンション:前120kg、後DS120kg/NDS115kg
重量: 前520g/後922g、全後1444g
価格: 60000円+労力
※フリーハブをNovatechにすれば1400gは切れたはず。
※Shimanoにしたのは126mmな旧車にも使いまわすため


フロント
150918c_carbonf.JPG

リア
150918d_carbonr.JPG

posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cycling