2015年09月26日

マイパラスM-501改造(その2:前輪編)

150926a_m501.JPG

今週末で一気にM501改造をします。今日は前輪編。
まず、26インチ車に強引に700x25Cを入れるにはドロヨケクリアランスがギリギリです。


150926b_neji.JPG

で、こんなもの(↑)をホームセンターで購入。


150926c_before.JPG
ドロヨケ内側に出っ張っているネジ。
700Cを入れるとコレがタイヤにあたるんです。


150926d_after.JPG
で、こんな風にします。
ただし以下の問題点があります。(ドロヨケ捻じれ直し調整が超難しくなる)

通常はプラスドライバをドロヨケ外側から緩め/締めできるので、
ステー位置の微調整をしてドロヨケ捻じれを直します。
でも、このようにするとドロヨケ内側からねじ締めする必要があるので、
ホイールを外さないとネジを触れません。しかもホイールはナット式で
ドロヨケステーはホイール軸共締め、と整備の難易度はぐっと上がります。
しかもタイヤとのクリアランスがギリギリなので、ドロヨケの捻じれ直しが
かなりシビアになり、このネジを触る頻度が上がるのです。


150926e_tyre.JPG
で、約2時間の格闘後、なんとかドロヨケの捻じれを直しつつタイヤを
取りつけることができました。このクリアランスを見てください。
ちょっとでもドロヨケが捻じれるとタイヤをこすります。
28Cも入りそうですが、怖くなり25Cのままです(苦笑


150926f_hub.JPG
ハブはシルバーでSHIMANOとしか書いていないおとなしめのものをチョイス。
もちろんナット締めです。


150926g_brake.JPG
ブレーキはロングアーチなBR-R451(黒)をチョイス。
105でもよかったのですが、シリーズ名が書いてないもののほうが
ママチャリっぽくていいかなと。ドロヨケが入る余裕もあるし。

今日はココまで。
ドロヨケ調整に時間かかりすぎました。。。(疲)


posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cycling