2015年11月30日

ちがーーう! Amazon USA

151130a_ama.JPG

カミサンクロスのサドルが調子よいので、
もっと調子にのってAmazon USAからTerry Bikesのサドルを購入。

カミサンクロス用に購入したのは
Terry 2015 Women's Cite X Gel Bicycle Saddle

http://www.amazon.com/gp/product/B00P2B6P6U


今回購入したのは、Terry Womens Liberator X Gel Black。
糸がピンク色で縫製されていてちょとオシャレ。

http://www.amazon.com/gp/product/B005Z4EXF4



151130b_ama.JPG
すると届いたものは、Terry Womens Liberator X Black。
Gelなしモデルで縫製糸は白色。Gelが入ってないバージョンだ。


151130c_ama.jpg
まじかー!
と思い、すかさず Amazon USA でContact US からチャットで呼び出す。
米国時刻が真夜中でも関係ナシ(笑

すぐにチャットはつながり、ことの顛末を伝えると、
返金処理するからそのまま送り返してくれと。国際送料はモチロンAmazon USA持ち。

---
(12/1追記)
早速指定通り、郵便局からEMSで発送。
トラッキング番号と送料を伝える。ちなみに送料は2220JPY=18.05USD。
送料は同じクレジットカードにすぐに返金処理されました。
あとはアマゾン返品センターに到着後、商品の返金処理がされるとのこと。

なお、同じ商品が欲しいのだけど、3rd party sellerなので交換(replacement)対応は
できないので、お手数おかけして申し訳ないが、再度注文してくれとのこと。

Amazon USAは神対応です


ちなみに、Amazon prime商品だと国際送料がメチャ安いです。
サドルとかブレーキパーツなど小さいものだと日本への送料がだいたい10USD以下。
1週間位で届きます。



posted by kuny at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Cycling

2015年11月23日

大連旅行(Day4:帰国編)

151123a.JPG

今日は帰る日。3泊4日なんかスグだねぇ。
今回は中国での初スキーができてヨカッタ。
大連は雪景色、気温マイナス10度。なんだよ、わざわざ吉林省まで行かなくても
スキーができたっぽい。

151123a1.JPG
さて空港までは、できたばかりの地鉄(地下鉄)で行ってみよう。


駅構内へ入るところのセキュリティチェックで、長いモノが引っかかった。
セキュリティの人に中国語で何やら聞かれて、「あ”?」と聞き返しても
中国語で帰ってくるだけなので、たぶん中身はなにか?みたいなこと
言ってるんだろうな。と思い、紙に「滑雪双板 & 台球」と書くも、
「OPEN!」とか言われる。。。

151123e1.JPG

151123e2.JPG

151123e3.JPG

イヤだよ。厳重にパッキングしちゃったもん。
というゼスチャーでスマホで↑の写真を見せる。
「OK」とのこと。察してくれたらすぃ。

151123a2.JPG
次、自動販売機で切符を買う。
漢字表記なので、特に違和感なく買うことができた。(えらい!

151123a3.JPG
ホームに降りてみると、超キレイ。
さすができたばかりだ。

151123a4.JPG
行先表示もわかりやすい。

151123a5.JPG
車内はこんな感じ。

151123b1.JPG
30分くらいで空港着。
でも、国際線ターミナルへの出入口はまだ工事中なので、一回国内線ターミナルへ
出てから、寒い中を歩く。。。

151123b2.JPG
大連空港はチェックインカウンタへ行く前に、税関でX線検査機に全部の荷物を通す。
長いのを持ってると何か言われるんじゃないか?とドキドキしながら通過。特にお咎めナシ。

151123b4.JPG
チェックインをサクっと終わらせてイミグレ&セキュリティ通ってラウンジへ。

151123b5.JPG
ラウンジで新動ビール3本呑んだら搭乗開始。

151123c1.JPG
座席は往路と同じ。

151123c2.JPG
離陸っ。って中国って滑走路に雪積もったままでも飛ばすのね。

151123c3.JPG
機内食はこんな感じ。
やっぱ洋食がいいや。

151123c4.JPG
映画はミリオンズ。

151123c5.JPG
大連旅行、おしまい。


posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel

2015年11月22日

大連旅行(Day3:無線的朋友編)

今日は大連無線朋友宅へ遊びに行くことに。
いつものBG2VIAにホテルまで車で迎えに来てもらい、
今日は大連港近くに住むBG2YF宅へ遊びに行く。

151122a_russia.JPG
まずはロシア街を抜けて・・・

151122b_bd2yf.JPG
このマンションの最上階に住んでいるという。
やはり無線をやるということは富裕層っぽい。


151122d_bd2yf.JPG
早速お邪魔する。左BG2VIA、右BG2YF。
BG2YFはカタコト英語のみなので、BG2VIAと英語で話して
通訳してもらうかたちでコミュニケーションを取る。
こういう環境にいると、大連弁がなんとなくわかるような
気がしてくるところが楽しい。

151122c_bd2yf.JPG
居間にはDstarのモニタとなぜかレピータがある。

151122f_bd2yf.JPG
部屋からの眺めはこんな感じ。
中国国鉄大連駅の車庫が眼下に見える。
ICOMのダンボール箱が無線家っぽい(笑

151122e_rig.JPG
無線室へ行く。TS-990ですかぁ。
関税とか考えると彼も富裕層確定。

151122g_ant.JPG
「天線見たい!」といって屋上へ。
気温マイナス5度、天気雪、若干風強いというむちゃくちゃ寒いのに
アンテナ見たい!と言ってしまうところが、わたくしも無線家だと。
これはU/VHFアンテナ。

151122h_ant.JPG
こっちはHFアンテナ。ワイヤ系を見立たないようにあげている。
近所からの苦情に気を使っているらしい。

昼すぎまでダベったあとに昼飯でも喰いに行こう!と近所の食堂へ。
絶対に日本人観光客が行かない感じのところへ連れてってもらう。
あ、そうそう。おいしい白酒(ばいじゅ)入ったから味見程度に
持ってゆこうze。という話に。いやいや、、、味見程度なのに
ボトルごと持ち込むって、呑む気満々だろっ。

151122i_walk.JPG
ダウンタウン歩いていると、道路にゴザ引いて栗売ってる。

151122j_lunch.JPG
寒い中、徒歩5分で食堂に着いた。
どうも、TVで推薦された店。みないなことが書いてある。

151122k_lunch.JPG
食堂のふいんき。家族経営な感じ。

151122l_dring.JPG
さっそく乾杯〜!

151122m_baijyu.JPG
この白酒うまい! アルコール度数53%って書いてある。危険な感じ。
大連はやさしいので中国の他都市とは違って
「乾杯って杯を乾かすって書くよな?」の決まり文句は言われない。
けど、おいしいので結局3人で1本呑み干してしまった。
しかも中国人と同じペースで。。。

151122n_drink2.JPG
しかし、この食堂は客層が労働者な感じでヒューマンウォッチが楽しい。
となりの人相悪い3人組のおっさん、午後3時だというのに相当酔っぱらってる。
テーブルの下には瓶ビールのケースが2箱積んである。そうとうクラクラになってて、
10分に1回くらい、椅子からひっくり返って、ガシャーーン!と皿とか割りまくる。
店のおばちゃん「もう呑みすぎだって!だいじょぶかー?」
おっちゃん「いいからもう1本持ってきてーーー」
のようなやりとりが繰り広げられている。

こういう光景はいつも見る姿だそうだ。
ま、うちらも真昼間っから白酒ボトルであけてるけど(爆


酔っ払った勢いで・・・
posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel

2015年11月21日

大連旅行(Day2:滑雪編)

151121a_ski.JPG
起!
部屋からゲレンデがよくみえる。
雪質は意外とよさそうだ。

151121b_bfast.JPG
朝食はバイキング。
さすがプリンスホテル。中国とは思えないふいんき。

151121c_bfast.JPG
お客の方もマナーがよくてある意味ビックリ。
ここ、中国だよな???

151121e_tkt.JPG
朝食後にリフト券と板ロッカーの鍵を受け取る。

151121f.JPG
本日のコース状況。
まだまだオープンしたてて雪が少ない。
気温-14度って寒くね???


151121g_ski.JPG
活動開始!

151121h_ski.JPG
案内表示が基本漢字なのでわかりやすい。
王子酒店=プリンスホテル
滑雪服務中心=スキーサービスセンター
って感じか?

151121i_ski.JPG
さ、板をつけて・・・
とおもったらイキナリのタバコ休憩。(爆

151121j.JPG
まずは高速リフトのって初級雪道を1本滑る。

151121j_ski.JPG
雪はとても軽い。
やはり大陸の雪は水分をあまり含んでいないからとても軽い。

151121r_gondra.JPG
次はゴンドラで一気に山頂まで登ってみる。
このゴンドラは中間駅があるタイプだ。2014年開通って書いてある。

151121l_ski.JPG
最大斜度30度の上級雪道だ。
中国語で「上級」「減速」って書いてあってわかりやすい。

151121m_ski.JPG
コースはこんな感じ。
遠くの景色をみると、大気汚染と通常の空気との境目がクッキリとよくわかる。
これは決して全体的に霧がかかっているわけではないのだ。
左のほうの白い煙が2本立ち上がっているのは巨大な発電所があるところだとか。


一番上からサクッと滑ってみる。

151121n_ski.JPG
台球朋友その2もイイ感じの滑りだ。

151121o.JPG
さて昼飯だ。ビレッジへ降りてレストランを探す。
なかなかいい雰囲気だ。漢字で書いてある看板を除けば中国って感じがしない。

151121o_lunch.JPG
昼飯っていっても普通に中華。中国東北料理な店に入る。

151121p_lunch.JPG
靴を抜いて床暖房なところに上がって食べる。
ものすごく居心地がよくて、根が生えてしまいそうだ。

151121q_lunch.JPG
とてもおいしい。

151121q.JPG
さて、午後の部。
みんなは2泊して日曜帰りなのだけど、おいらは日曜日に無線朋友と呑む約束をしているので
1泊のみで今日1人で大連へ帰るのダ。問題は中国語がわからんおいら1人でなんとかしなくては
ならないということ。でも、なんとかしますー。

151121u_ski.JPG
で、午後4時に出発して5時半の高鉄に乗る必要があるので、3時半までしか滑れない。
よし、滑りまくるぞー

151121t_gondra.JPG
ゴンドラ内では、「お!こいついい滑りしてんな」といいながらスマホを向ける。
このノリは日本人に近いと思う。

151121s_gondra.JPG
ゴンドラ内でタバコを吸うところは中国クオリティ。
まぁ20年前の日本でもやってるひと多かったけどね。

そんなこんなで3時まで初滑りを堪能了。




さて中国語わからんおいらが一人で帰れるのか???
posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel

2015年11月20日

大連旅行(Day1:往路編)

151120a_nrt.JPG

もう10回以上仕事で行ってる大連。
今回はプライベートで行ってみよう。
今回の目的は、滑雪、台球、無線朋友と呑むこと。
現地のレンタル品質がよくわからんので、スキー道具は日本から持ってゆく。
持ち運びを最優先して120cmのショートスキーのみを持参。


151120b_tkt.JPG
手配はJALPAKの航空券&ホテルパック。
飛行機はビジネスクラス、宿泊は仕事でいつも泊まる駅前のラマダ。
これで3泊4日で10万円ちょい。

151120c_lounge.JPG
朝5時半発のNEX1号にのり成田空港7時15分着。そのまま待たずにチェックイン→出国審査で
7時半過ぎにはラウンジ着。

151120d_bfast.JPG
そのまま朝食と洒落込む。

151120e_sake.JPG
出張の時もいつもこのパターンだ。違いは朝っぱらからSakeが呑めること。

151120f_sushi.JPG
JAL Firstラウンジは職人が寿司を握ってくれるのダ。

151120j_gate.JPG
満腹ご満悦状態で搭乗開始。


151120k_flt.JPG
機内にて。シェルフラットシートである。
JAL大連線は比較的新しい機体で運航される。今回はB787。

151120m_meal.JPG
機内食は和食をチョイス。

151120n_video.JPG
映画はピクセル。

151120o_dlc.JPG
3時間ちょいで大連に到着。時間は13時。
気温は+1度だそうだ。イイ感じに寒い。

到着後、イミグレは一番で通過。
長い物体を持ち込んで、ドキドキしながら通過した税関も特に何も言われることなく通過。
過去何回も台球キューを持ち込んだ時は何も言われなかったので、なんとかなるかな?とは
想像していたが、没問題であった。



大連到着してからはここをクリック
posted by kuny at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel