2015年11月16日

マイパラスM-501改造後輪ディスクブレーキ化について

掲示板はじめ個人的にもたくさんの自称MTB乗りの方々から
ママチャリ後輪ディスクブレーキ化についてコメント
いただきましてありがとうございます。

一部はとても参考になるご意見いただき感謝しますが、
中には根拠のないままご指摘いただく方もおり苦慮しました。

議論にならないのは目的/前提条件が異なるからです。
決して富士見パノラマのダウンヒルをすることが目的では
ありません。以下の趣旨をご理解いただけると幸いです。


またわたくし自身かなり試行錯誤をしています。
安易にマネするようなことはせず、ご自身で判断してくださるよう
お願いします。



<M-501改造の大前提>
・全体像としてママチャリの姿をキープすること。
 →ドロヨケ、後輪ロック錠、チェーンガード、クランク(ダブルチェーンガードつき)はオリジナルのままとする
 →後輪にキャリパブレーキがどうしてもつかない。(シートステーはロック錠が、チェーンステーはクランクのダブルチェーンガードが邪魔)
・リアハブはシマノ8sフリーを使用したい。
 →この時点で一般車用バンドブレーキ・ドラムブレーキ不可?

ここで問題発生!
後輪ブレーキは消去法的選択からディスクブレーキくらいしか可能性を見いだせない。


上記が後輪にディスクブレーキを選択した理由です。
MTBダウンヒルの目的とは大きく異なります。
決して大きな制動力を得るためではありません。


<前提条件>
・手が小さく、握力が小さい人がラクに乗りこなせること
・ブレーキレバーのリーチアジャスターは最小よりも小さくセットする
 →調整ネジのスプリングを取り除きネジを最後まで入れる
・ブレーキの当たりはレバーを握りこんだところでコントロールしやすい位置に
・制動力はママチャリオリジナルのバンドブレーキ程度。後輪ロックしなくてもOK
 →大きな制動力は必要ない
・ブレーキの引きは極力軽く。MTB引き量のブレーキキャリパ使って、レバーはキャリパ引き量くらい?
 →モチロン、リーチアジャスター最小にセットする時点でコレは無理がある。あとはバランスで決める。


<強度について>
ディスクだからといって盲目的にストッピングパワーがすごいから細いシートステイじゃ絶対に無理!
とMTB乗りさんは主張しますが、それは太いタイヤ(=摩擦係数高い)でダウンヒルするときの話。
街乗りママチャリはそんな強いブレーキは必要ありません。
またわたくしのM-501はオンロード用25C細タイヤを履いています。
これはオフロード用に比べて摩擦係数が低く、比較的軽いブレーキ力でロックします。
仮に後輪ロックしたとしても、フレームに大きな力は加わりません。
もちろん調整は容易に後輪ロックしない程度(バンドブレーキとほぼ同程度?)にします。
ママチャリオリジナルのブレーキは後輪ハブ軸へ共締めしていて
強度的に耐えられる。ということは、シートステーとチェーンステーに
同時に固定してあげればほぼ後輪ハブ軸への共締めの強度と同等になるはずです。

よって強度的に問題ないと個人的には考えています。
が、保証するものでもありませんので、あとはご自身でご判断ねがいます。



posted by kuny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cycling