2015年11月22日

大連旅行(Day3:無線的朋友編)

今日は大連無線朋友宅へ遊びに行くことに。
いつものBG2VIAにホテルまで車で迎えに来てもらい、
今日は大連港近くに住むBG2YF宅へ遊びに行く。

151122a_russia.JPG
まずはロシア街を抜けて・・・

151122b_bd2yf.JPG
このマンションの最上階に住んでいるという。
やはり無線をやるということは富裕層っぽい。


151122d_bd2yf.JPG
早速お邪魔する。左BG2VIA、右BG2YF。
BG2YFはカタコト英語のみなので、BG2VIAと英語で話して
通訳してもらうかたちでコミュニケーションを取る。
こういう環境にいると、大連弁がなんとなくわかるような
気がしてくるところが楽しい。

151122c_bd2yf.JPG
居間にはDstarのモニタとなぜかレピータがある。

151122f_bd2yf.JPG
部屋からの眺めはこんな感じ。
中国国鉄大連駅の車庫が眼下に見える。
ICOMのダンボール箱が無線家っぽい(笑

151122e_rig.JPG
無線室へ行く。TS-990ですかぁ。
関税とか考えると彼も富裕層確定。

151122g_ant.JPG
「天線見たい!」といって屋上へ。
気温マイナス5度、天気雪、若干風強いというむちゃくちゃ寒いのに
アンテナ見たい!と言ってしまうところが、わたくしも無線家だと。
これはU/VHFアンテナ。

151122h_ant.JPG
こっちはHFアンテナ。ワイヤ系を見立たないようにあげている。
近所からの苦情に気を使っているらしい。

昼すぎまでダベったあとに昼飯でも喰いに行こう!と近所の食堂へ。
絶対に日本人観光客が行かない感じのところへ連れてってもらう。
あ、そうそう。おいしい白酒(ばいじゅ)入ったから味見程度に
持ってゆこうze。という話に。いやいや、、、味見程度なのに
ボトルごと持ち込むって、呑む気満々だろっ。

151122i_walk.JPG
ダウンタウン歩いていると、道路にゴザ引いて栗売ってる。

151122j_lunch.JPG
寒い中、徒歩5分で食堂に着いた。
どうも、TVで推薦された店。みないなことが書いてある。

151122k_lunch.JPG
食堂のふいんき。家族経営な感じ。

151122l_dring.JPG
さっそく乾杯〜!

151122m_baijyu.JPG
この白酒うまい! アルコール度数53%って書いてある。危険な感じ。
大連はやさしいので中国の他都市とは違って
「乾杯って杯を乾かすって書くよな?」の決まり文句は言われない。
けど、おいしいので結局3人で1本呑み干してしまった。
しかも中国人と同じペースで。。。

151122n_drink2.JPG
しかし、この食堂は客層が労働者な感じでヒューマンウォッチが楽しい。
となりの人相悪い3人組のおっさん、午後3時だというのに相当酔っぱらってる。
テーブルの下には瓶ビールのケースが2箱積んである。そうとうクラクラになってて、
10分に1回くらい、椅子からひっくり返って、ガシャーーン!と皿とか割りまくる。
店のおばちゃん「もう呑みすぎだって!だいじょぶかー?」
おっちゃん「いいからもう1本持ってきてーーー」
のようなやりとりが繰り広げられている。

こういう光景はいつも見る姿だそうだ。
ま、うちらも真昼間っから白酒ボトルであけてるけど(爆


酔っ払った勢いで・・・
posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel