2015年03月25日

マレー半島を鉄道で:キャンセル編4(JAL編)

150325_jal.jpg

インフルエンザにかかって飛行機のキャンセル料が免除になったというウワサを時々聞くので
確認してみた。JALの場合は↑のように国内線ならば免除規定がある。
「お客さま、またはご同行者様の病気などにより旅行不可能な場合は、医師の診断書などの提出を条件に、払戻手数料・取消手数料をいただかずに払い戻しいたします。」
とJALのwebサイトにも記載してある。

しかし国際線にはこの記載がみつからなかったのでJALに電話して聞いてみた。

国際線は国内線とは違ってこのような特例は明記していないのですが、事情を聞いたところ
「特別に」対応させていただきます。とのこと。

医師の診断書に、
・航空券購入後の不慮の事故であること
・搭乗予定日に航空機に乗れないことが明記されていること
・上記2点の日付を記載すること
を明記したものが入手できれば同行者含めキャンセル料免除となる。

ただし、復路シンガポール→成田を別便で予約してある長男君のみ
同行者と認められないため、通常キャンセル料2万5千円がかかる。

よって、航空券キャンセル料は12万5千円→2万5千円となりました。
らっきー。




posted by kuny at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115886685

この記事へのトラックバック