2015年05月30日

浜松うなぎライド

150530_map.jpg

ここ最近、Go West、静岡がマイブームなのだ。
沼津から海岸線沿いの防波堤の上をひた走り、太平洋岸自転車道をつなぐと浜松まで
行けてしまう。なんとも広大なスケール。

道場のマリリンさんと日程が合ったので、浜松へウナギを喰いにゆきませんか。
と相成りました。でも、坂上るのがキライなわたくしは輪行で三島からスタート。

150530aa_mishima.JPG

三島7時半待ち合わせで8時前には出走。
9時半には海岸沿いに出る。すぐに防波堤に上がり、壮快なサイクリングの時間。

150530b_suruga.jpg

少し行くと富士山が見える!
珍しく南東の風で追い風となる。とても気持ちイイ。

150530c_fuji.jpg

10時ちょい過ぎに由比港到着。
オヤツに桜エビをいただく。


150530d_yui.JPG

10時半再出発。
焼津を直進して三保の松原からR150で日本平の南側の海沿いを西へと進む。
ここからは太平洋岸自転車道(清水〜静岡区間)となる。
やはり海沿いは気持ちイイね!

150530e_shizuoka.jpg

安倍川を渡ると太平洋岸自転車道は山沿いへ進路を変えて国道1号で焼津へ山越えをする。
でも、やはり海沿いを進みたい。安倍川を渡った直後に左を見ると、なんだかイイ感じの道が(上写真)。
モチロン川の土手道で海へ出て、そのまま海沿いを進む。

150530e_sea.jpg

ホラね。こういった気持ちイイ道あるっしょ。
焼津の直前での大崩海岸にへばりつくような用宗街道を超えればよい。と思っていたら・・・







150530f_stop.JPG

まじか?
用宗街道、まさかの通行止め(ガーーーン)。
大崩海岸が本当に崩れていて通れないとは……、いやシャレじゃなく。

時間的には11時半。焼津でマグロ丼にちょうどよい時間なのに…
しかたがない。迂回するか。一本北を走るR150を目指すが、
R150の日本坂トンネルは歩行者・自転車通行禁止。
もう1本北は5km北側のR1で山越えだ。
結局、こんな感じ(↓)で苦労して焼津を目指すことに。

150530_map2.jpg

これって太平洋岸自転車道のルートなのね。
太平洋岸を通らないで山越えするのに太平洋岸とはいかに???
自転車道は川沿いをのどかな感じで進む。

150530g_river.jpg

さて、かなり大回りしてしまい時刻は13時半、このまま沼津港にゆくと昼飯が14時半。
再出発が15時で、御前崎経由で浜松まで100km。ムリだ。ウナギに間に合わない。

ここで遠回りな海沿いはあきらめて、ウナギに集中することに。
最短距離のR1を浜松までひた走ることに方針変更決定。


150530h_bridge.jpg

途中通過する島田市の木造歩道橋世界一の蓮菜橋に寄ってみる。
大井川にかかる木造橋だ。通行料100円を払えば自転車で渡ってもよいとの
ことなので、渡ってみる。とてもいい経験ができました。14時半出発。

150530h_hashi.jpeg

ここから本腰を入れて浜松目指すので、写真がない・・・
金谷からは最短距離のK381で山を越えてR1旧道を進む感じ。

掛川・袋井・磐田とバイパスの刑が待っている。
高校生の時に悩まされた記憶がよみがえる…


150530i_kantaro.JPG

で、浜松で有名な関西風ウナギ屋さん「かんたろう」に18時半着。


150530j_menu.JPG

さすが有名店だけあって、こんな感じのお値段。


150530k_unagi.JPG

でも味は確か。うまいー。

150530l_shinkansen.jpg

さて、帰りの輪行は新幹線です。
3000円のウナギを食べて新幹線輪行でサクっと帰るとは、なんかブルジョワの気分ですな(笑

150530l_rinko.jpg
こだま号(700系)の3号車には扉入ってスグのところにちょうどよいスペースが
あったので、ココに置きました。

150530m_shizuoka.jpg

私の輪行は30分弱で終了。

ぢつは、どうしても太平洋岸自転車道を通って焼津から御前崎経由で浜松まで
行きたかったので、静岡に住む妹宅に泊めてもらうことにしました。

明日、リベンジじゃぁ〜〜!!!

<今日のデータ>
走行距離: 159.9km
走行時間: 7h40m27s
平均速度: 20.8km/h
最高速度: 59.4km/h
走行後体重: 未計測

posted by kuny at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Cycling
この記事へのコメント
多少のアクシデントは旅につきものです。
足手まといではあったでしょうが、私にとっては
おかげさまで楽しい旅ができました。
Posted by maririnn at 2015年06月01日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/136364647

この記事へのトラックバック